プロフィール

bana

Author:bana
広島の建築設計事務所に勤務中。
日々の雑感。

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
count
検索フォーム
リンク
TOP > レポート

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/27-2   2009.07.20

27日の続き。更新遅すぎて1ヶ月近く前のことになってる。。。

神保町あたりをうろついて南洋堂に行こうとしていたら。

神保町シアタービル1

唐突に出現。異物ともいえる、この物体。

初めて雑誌で見たときはその形態と、日建であることに驚き、天空率なるものの存在をはじめて知り、学生にはそうそうマネできない、
法規制のドライヴという方法に少し憧れた思い出がある。
その当時、ほんとに実現すんのかなとか思っていた。

神保町シアタービル3

しっかり建築として出来てますね。そして抜かりない。ファサードは随所に雨仕舞いの工夫が見られます。
ツヤ消しな三角形の素材感は個人的にはかなり好みですね。そして思ったよりかなり落ち着いて見える。
ちょっとアングラな感じが、神保町にしっくりきているように思います。この辺のトンがったものを実現して、かつなじませるというバランス感覚は素直にすごいと思う。


その後、南洋堂に行く。東京来てまで本屋に行って立ち読みという、学生時代からの行動パターン。
今考えると結構アホなことしてます。

立ち読み中に、今回は、意外と見てなかった建築を見ようというコンセプトにしようと思いつく。
そんなこと言い始めたら見てないものなんて山ほどあるんですが。


その後上野に向かう。

目当ては

法隆寺宝物館1

これです。

丸亀、坂出と続き自身3つめの谷口吉生建築であり、
なぜかまだ行ったことがなかったのであります。

法隆寺宝物館2

エントランスホールから前庭を見る。
谷口さんの建築はどれも外部との関係がすばらしい。

蒸し暑い中、ひたすら歩いたため、ホールの椅子に座ってぼーっとしていたが、
ふとエントランスのルーバー周りに興味を覚え、執拗に寸法測ったりしてたら、警備員の爺さんに注意されました。

「学生さん?」

はい。とは言えず。学生とあまり変わらないんですがね。。


とりあえず、不審な行動はここまでにして宝物の数々を拝んだ。一階の数十体の仏像の展示は圧巻でした。結構規模が小さいのですぐに見終わり、この建物を後にする。しかし、普通に設計すりゃ出てきそうなあれやこれやが全くなくきれいにおさまってました。相変わらず。名人芸。

時間帯も昼下がり。かなり歩き回って疲れてしまったので、次は駅から近いところに行こうと思いつく。

そして結局行ったのは

国際フォーラム

国際フォーラム。

学部生の時は幾何学的な構成を毛嫌いして食わず嫌いだったんですが、実際行ってみるとどうしてなかなか。
この外部空間は想像していたよりずっと良かった。
疲れていたせいもあり、意外と長居してしまい、微妙な時間になる。


今回は収穫もあったし。余裕持ってちょっと早めに品川に行っとくか。と品川まで行き、新幹線の改札をくぐってしまう。
ここで帰りの新幹線の時間を1時間近く間違えていることに気づいたが時既に遅し。
まあ。。。。いいか。もう若干脳の容量オーバーだよ。

蒸し暑いホームで試験勉強しながら寝たり起きたりしながら新幹線を待ち惚け。


そして約一時間後、名残惜しくも東京を離れました。

同じ本州なのに福岡から行くよりやはり遠い。。
次の出張はいつなのか、そして広島から出てくるような出張自体あるのだろうか。

以上でのろすぎるレポートは終了です。

スポンサーサイト

6/27   2009.07.14

東京3日目。
3日目は一人でマイペースに建築見学。
ホテルを出て千鳥ヶ淵周辺を歩き始める。

千鳥ヶ淵周辺2

千鳥ヶ淵周辺1

久々にさわやか過ぎる朝だ。やはり、ジョギングしている人が多い。
この人達、一体どこから来てるんだろう。

とか考えながら、初めての皇居周辺の空気を満喫し、清々しい気分になる。

と、

インド大使館2

かなり端正なファサードの建物発見。

インド大使館2

インド大使館らしい。
ガラスと、木と、石と、金属と、素材が巧みに配されていてかっこよいです。
サッシュの見付が細い細い。
木の表情がガラスの向こうに見えるおかげでシャープではあるが冷たさを感じない表現になっている。
こういう建物を偶然見つけるとかなり得した気分になりますな。

そのまま歩き続けて、昭和館(菊竹清訓先生設計)を

昭和館

通り過ぎ(笑)、スイマセン。

またもや偶然見つけた合同庁舎へ足を休めに行く。

九段合同庁舎

合同庁舎って、よく分からん建物だと思うんだが、というかつまらない役所というイメージがあったが。
九段の合同庁舎(これは確か第3)は低層部のつくりがなかなか良かった。

パン屋があって、カフェ的なスペースがあり、結構たくさんの人たちがくつろいでいました。

役所もこういうアメニティをどんどん提供していってもらいたいな。

ひとしきりくつろいだ後、本日のメインである建物へ。

これです。

エントランス

パレスサイドビル。

パレスサイドビル1

なんだかんだとまだ見たことがなかったので。

円筒型のコアと即物的な感じのファサードが目立ちます。ルーバーと樋のデザインに注目。

ファサード

しかし、これが40年以上前から建っているとは。。かっこよすぎるでしょ。ファサードのデザイン、全く古びてないですね。

そして内部はむしろ濃い、といったらいいのだろうか、密度高い意匠がいたるところに見られます。
例えば手摺とか。

手摺

夢の階段

夢の階段。

40年以上前から存在した未来、ですね。


3日目その2に続きます。

6/26   2009.07.05

研修二日目。

朝から東京の案件を見学。
まずは南千住へ。
再開発ビルの現場。初の現場潜入であります。
(基本的に竣工前のものは写真公開しません。ということでほとんど写真ありません。悪しからず。)
最初に現場事務所で簡単に説明を受ける。
用途は低層部が商業、その上に公益施設、その上に数層の駐車場がのり、その上部から集合住宅。あ~こんなのもやってたのね。うちは。
現場のエレベーターで職人さんたちと共に最上階へ。EVの操作音がやたらとかわいらしい。
ぞろぞろとネクタイ締めた新入社員共(もちろん自分も)が現場をうろつく様は違和感ありまくり。

EVに乗ってしばらくすると。。。いきなり100m超えっスよ。そこから鉄骨の建て方などを見つつ、平面上で同じ位置の住戸を見つつ下に階段で下りていく。
LGSの立ち上がりや断熱材の吹き付けなど、徐々に各工事が進んでいく様子が分かる。
見学している最中にも監理の方が出来上がり具合に対していろいろ言っていた。
う~んこれだけの規模だと監理もかなり大変だろうな。

いきなりの超高層でびっくりしつつもこのメガ感にはやはり感激した。

「骨」展の記事のときに書こうと思って忘れてたが、どんな建築でも構造躯体が見えているときは例外なくかっこいいと思うんです。超高層なんかになると下層部の柱梁がもう、すごいでかい。このRCの塊が仕上げ材で見えなくなるのはちょっと残念に思ってしまう。

そして昼食はその超高層のすぐ近くの蕎麦屋で。
カツ丼のセットを注文していると、マイケルのニュースが。。
音楽に疎い僕でもマイケルは結構好きでよく聞いている。Smooth CriminalとかBeat ItとかBadとか、大好きなんですが。
他の新人や案内役の上司にマイケルの話題を振ってみるがあまり反応がなかったので多少悲しかった。マイケルを知ってはいるが、その良さは知らないみたい。
知らない人はこれを機会に聞いてみて下さい。そしてミュージックビデオを見て下さい。

次に向かったのは中高一貫校の建替え現場。
学校の建替えというからにはローリングプランとか考えて大変だろうな~敷地も狭いし。とか考えてたら、
余裕教室がたくさんあって仮設校舎もいらないらしい。あ、そうなんですか。
最初の工区が進行中、といった状態。多少遅れているらしいが、事務所の模型を見るとカーテンウォールとか使って意外にシャープな出来になりそうでした。
職人さんたちの清掃が終わり、見学開始。
最初の工区ということもあり、規模はそう大きくなかった。
やたらとせいの大きい鉄骨が廊下にドカンと出現していたところがあった。
大丈夫なのか、この高さ。うっかり飛び跳ねると確実に頭打ちます。。

そして大岡山。
知ってる人は知っている。T病院へ。(名前隠す必要ないか。。)

T病院

内部もちょっとだけ。

T病院内部

緑化ファサードの詳細。仕組みがよく分かりますね~。分からん人は新建築見てください。

T病院ファサード詳細

やはり維持管理がとても大変みたいです。

写真の面ばかりがよく出てるけど、各病室側も庭がついていてなかなか良いみたいです。さすがにこれは見れなかった。

確実にこの地域のランドマークになりうるものでした。駅の上にあるし。
とはいってもこの場所は篠原一男、坂本一成の作品が隣接しているため、既にすごいことになってます。

実際にここまでして環境に対する効果がどれだけあったかは最近の日経アーキでも見てください。
そして日経アーキはここでひどいことをしてくれました。担当の方が怒るのもごもっともです。
何がひどいか分からない方はこの病院が載った次の号の最後の方を読めば分かると思います。
実際はよくあることなんですかね・・・

そして、西小山の駅を最後に少し見学し、担当の方の今後の駅建築の展望についての話を聞き、
東京事務所に戻る。

ここで名古屋、福岡の同期と孤独に負けないように(笑)と誓い合い、別れる。

地下鉄で半蔵門のホテルに向かい、ヤマグチと連絡をとって新宿へ。
ああ、人多い。。

皆と合流するまでスタバで時間つぶし。
ヤマグチに近況を聞く。あ、就職おめでとうございます。あなたも東京ですか。
なにはともあれ、皆就職決まってよかったね。

その後、OBの皆様と無事合流し、久々に近況を語り合う。
仕事がんばってますね。僕も広島でがんばります。
おそらくT・S研究室では知らなかったのは僕だけと思われることも聞きました。
春が来てたんですね。軽く衝撃でした。でも違和感は全くありません。

終電が近づいたのであわただしく別れ、ホテルに無事帰る、はずが。
飯田橋で降りて道を間違える。2度も。そんな酔ってたのか?
暑いからやたらと汗かくし。

ホテルに帰り着いたら、2時でした。。。
帰り道にコンビニで買ったゲロルシュタイナー、おいしゅうございました。広島でも出してください。

なにはともあれ、集まってくれた皆様、ありがとうございました。
会えなかった皆様、夏にまた会えることを期待しております。

3日目に続く。はず。

6/25-2   2009.07.01

東京出張1日目。その2。

東京事務所にて挨拶を済ませ、ホテルへ。休む暇もなく役員、同期との会食会場へ向かう。

初めて同期と顔を合わせる。やはり地方事務所は新入社員は少ないみたいだ。

東京事務所、大阪事務所は新人は部署を数ヶ月ごとに交代してまわっており、
どこに落ち着くのかよく分からないらしい。

自己紹介の時間がとられ、新入社員が一人ずつ話していく。酔って室長の家に泊まるなど、いきなりやらかしたという奴だとか、ヘルシンキに留学してた人とか、なかなか面白い。

2次会、3次会とハシゴするうちに、地方事務所の同期と親しくなる。お互い事務所内に新人が自分一人しかいないというのがあるからか。

3次会でお開きになり、ホテルに帰って爆睡。

6/25   2009.06.30

東京出張1日目。その1。

朝8時過ぎの新幹線で東京へ4時間。新幹線で東京まで行ったことがなかったので、
飛行機よりもやはり長く感じる、というか長い。当たり前か。直線距離では学生時代よりも近いのに、
移動には時間がかかるという変な感じ。福岡空港の便利さが良く分かる。

新幹線内では、実は1ヵ月後に迫っている試験の勉強をするはずだったが、案の定、爆睡。
施工という教科は現場を知らないものにとって厳しいものがある。(という言い訳。)
結局、2時間近く寝ていた。なにやってんだ。

各駅を離れると車窓からの景色はほとんど同じに見えた。大阪の住宅街のミニ3階建ての多さには驚いたが。

12時過ぎ、品川着。
本社に行くまでに時間があるので、六本木へ「骨」展を見に行く。

21_21

最近、部分詳細図を書いたり、雨仕舞いが気になるので屋根周辺や壁の立ち上がり近辺を見つつ入場。
カフェ前でも人目も気にせず屋根と手すりの写真を撮る。完全に不審者である。

屋根とサッシュ立ち上がりの出会い部


21_21はセカンド・ネイチャー展以来だが、今回もかなり期待できそう。

入ってすぐ、エントランスのフェアレディの内部フレームが既にかっこよすぎる。写真は外から撮ったもの。
反射で見えにくくてすいません。公式サイト見たほうがよく分かりますね。

フェアレディの骨格

展示内容は大まかに生物の骨格やその写真から始まり、工業製品の分解、飛行機等のX線写真まで広がり、
まるで理科室のような面白さ。好きな人は既にこれで十分楽しめます。
そして、一番大きな展示室で一気にメタな領域に突入。

インタラクティブな作品が多く、現代アートが好きな方はさらにここで楽しめます。

特に個人的に面白かったのは「Flagella」。
目に入った瞬間、うねうねてかてかで気持ち悪!!なんだけど、よーく見ると単純な仕組みで気色悪く動く。
気持ち悪いのは結局変わらないけど、こういう単純でアウトプットが複雑なのは結構好きです。

普段は見ることのできない骨、その力強さや美しさは生物であろうと、工業製品であろうと変わらず、
人の心を惹きつけている。デザインは決して表層的なものではない。そんなことを再認識しつつ、
とても満足でした。まだ見ていない方は是非。おすすめです。

中途半端な時間帯になったので、なんとなくスパイラル。

スパイラル1

いいですね~ この雰囲気。
ん?
スパイラル2

なにかとテレビ等でも話題のAoが目の前にありました。とりあえず入ってみるが、

Ao

正直、食指がほとんど動かなかった。。
なんでだろ。
むしろ、裏側の方がまだ。。

Aoの裏

ステップガーデンもあったが、

Aoの裏の上

綺麗は綺麗なんだけど、実物を見た瞬間になんか飽きてしまった。

さらに住宅街の方へ入っていくと、なんか周囲とはまったく別の雰囲気の一角を発見。
なんか日本人が設計したものではなさそうな・・・

????

テナントがまだ入っていないところが多いみたいだ。店が入ったら面白い雰囲気になりそう。
この住宅スケールでのボリューム分割+引き込みのブリッジ+地下空間。あまり見たことがない形式だ。
出張から帰って雑誌見てたら、GAJAPAN99に載ってました。

その後ひとしきりうろうろして、本社に向かう。



«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。