プロフィール

bana

Author:bana
広島の建築設計事務所に勤務中。
日々の雑感。

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
count
検索フォーム
リンク
TOP > 2009年05月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROUNDABOUT JOURNAL vol.8   2009.05.30

福岡経由で送られてきたROUNDABOUT JOURNAL vol.8(いのくちに感謝)。

ROUNDABOUT JOURNAL vol.8


せっかくなのでレビューを。

気になった記事をピックアップして簡単にレビューしてます。
自分自身は組織設計の地方事務所にいる(一年目)ので、そこは前提として読んでやってください。

特集はマイ・アイデンティティ。広く捉えられるテーマで、それぞれの考え方が比較できて興味深い。

まず、冒頭の山本里美さんのインタビューでは、デザイナー、そして一人の人間としてのスタンスに
共感した。"クリエイションって、その人の生い立ちの全てだと思っています"という。
ファッションと建築という違いはあれど、素直に頷ける。

個人的なことで恐縮だが、"君の原風景はなんだ?"という問いかけを思い出した。
自分自身も設計者としてのスタンスをどう形成していくかについて、考えることがままあるのだが、
まだまだ勉強も足りないし、もっとがむしゃらにやっていきたいと思える熱いインタビューだ。

次に気になったのは五十嵐淳さん。
社会的な環境に働きかけるよりは「天国」のような完璧な空間を目指せばいいんじゃないかという。
確かに彼のある意味達観した考え方は合理的であるようにも思えるが、
僕自身は藤村さんの言っている設計の可能性を信じてみたいと思う。
建築が社会にかかわっているからこそできることがあるはず。

また、山梨知彦さんは、組織事務所ならではの可能性やオープン・プロセスについて語っていて、
僕自身が組織事務所にいることもあり、とても興味深い。
紹介されているプロジェクトもかなりすごいことをやっていると思う。
ただ、組織事務所でどこまでやれるかという可能性と限界について、当然僕自身はほとんど把握していないので、
山梨さんが考えるデータベース的建築家像については希望に近いものとして考えている。

続いて、"若手建築家のアジェンダ@広島"。
気になったのは広島のローカリティについてのこと。当然話題が出ると思って読み進めていると、
出るには出るが、やはりシンポに参加した建築家の中からはあまり出てこない。
組織事務所に所属して広島にいる以上、広島の建築家がどう考えているかは非常に気になっていたので残念ではある。
広島らしい建築というよりは、建築の方が新たな場所や意味を付加したり、つくりだしていくような建築のあり方の方が可能性を持っていそうだ。

最後に、"アーキテクチャとは何か!?"、"アーキテクチャを設計する方法"。
アーキテクチャはアフォーダンスにも通じそうな概念だが、ここで面白かったのは集合知のこと。
乾さんが発言したように苓北町民ホールのように集合知が「得体の知れないもの」として建築という形を成し、
できたものに対してある種の説得力をもたせる、というのは逆説的で興味深い。
社会との繋がり方との一つの形として、山梨さんのところで出てきたオープン・プロセスの話にも通じてくるように思う。
このアーキテクチャという概念は気になってきたので個人的に調べてみようか。

以上、かいつまんで簡単に見てきたが、それぞれの主張が浮かび上がっていると同時に、相対的に
浮かび上がってきた藤村さん自身のスタンスについても興味深いものがあったと思う。
自分のアイデンティティについて思考を続ける励みになりました。とても面白かったです。

スポンサーサイト

続・下田菊太郎   2009.05.27

文明開化の光と闇

いきなり、写真使いまわしです。

以前に紹介した"文明開化の光と闇 建築家下田菊太郎伝"をようやく読み終わったので
以下、簡単にレビューなど。

下田菊太郎という建築家の一生を通じてドキュメンタリー的に書かれており、日本の近代の一端が分かるようになっている。
まず、下田菊太郎は本文中ではとても実直な性格に書かれている。純粋に建築が好きで建築のことを考え、行動している。

それと対照的に書かれているのが辰野金吾であり、日本の近代建築史の表舞台に立っていた人々。
そしてF.L.ライト。実際、ライトの変人ぶりは有名ではあるが。

物語の前半は下田のアメリカ時代がメイン。
下田はアメリカで必死にシカゴ派の建築を学び、バーナムの事務所で多くの実績をあげる。

中盤~後半は帰国し、アメリカで学んできたことを日本の建築界に浸透させようとするが。。。
帰国後は不遇すぎるといっていいくらいであり、辰野をはじめとした日本建築界は彼を無視し続けた。

といった感じ。タイトルの光と闇、といっても実際に読んでみると闇の印象があまりに強すぎる内容のような気がしなくもない。

そして、日本の近代建築史がいかに歪んでいたか。

当然のように社会に対して働きかけるには大きな力を通してしかない、という近代日本の状況は
個人が直接社会とつながっているとも言われる現代とは対照的であり、後半の下田の不遇の人生はそれを象徴している。
近代といっても市民という存在(例えば、下田菊太郎という在野の建築家)は不在であったと言える。少なくとも日本の建築界においては。

そのような"闇"に対し、下田の提案した帝冠併合式が後年、実際の設計として取り入れられるようになっていくという事実が"光"とまずは捉えてよいのだろうか。
自分自身では、帝冠様式について批評する気はさらさらないが、

ただ、多くの建築関係者が辰野という力の下に集っていたのに対し、下田は自分の論をもち、
それを貫いていた、ということが、タイトルの光と闇の"光"の部分に繋がっているのだと考えている。




余談ですが。。
もし、下田がアメリカから持ち帰ったRC造を日本がもっと早く取り入れていたら、確実に歴史が大きく変わっていただろう。関東大震災の被害も、もっと抑えられていたかも。
10年ぐらい日本の建築は進歩しているだろうか。選ばれなかった歴史について考えてみるのも楽しいもんですね。

この本、わりと古いのであまり見かけないかもしれないけど、なかなかおもしろいです。
大学で日本近代建築史とかやったらマニアックでおもしろいと思うんだけどな~とか、
(もう学生ではないのに)考えてます。

新型が、   2009.05.25

先に広島にくる!!と思ってたんだけどな~

残念なわけではないですが。

なんかもう国内での感染より国外からの感染で東京とか福岡とか来ちゃいましたね。

まあ感染者が出たからといって神経過敏になる必要はあまりなさそうだけど。


僕もマスク切れなので手洗いうがいで一応対策してます。

もうさっさと終息してほしいっす。

KKD   2009.05.24

まだまだペーペーなので、分からないことはこんな本とかでひたすら調べるんだが、

建築現場実用語辞典

この本の中に"KKD"という言葉が載っている。

KKDは、

経験(Keiken)

勘(Kan)

度胸(Dokyo)

の頭文字。

"建設現場などで科学的管理手法を用いず、従来の管理による経験と勘と度胸で物事を判断し、行動していくことをいう"

こんな言葉まで載っているとは思ってなかった。
しかし、本にまで載っているということは、実際に物事がKKDで運んでいることが多々あるということ。

そうだろうなー、と納得することもある反面、実際のところどれくらい科学的じゃないのかは気になるところ。

KKDでしかうまくいかないこともあるのかもしれないが、社会的な責任が伴うような場合、それを科学的手法に高めていくことが必要だろう。

経験とか科学とか、オリゼミを思い出してしまった。


今回は適当すぎる結論を下して逃亡します。

新?型?   2009.05.19

昨日の日記でマスク人口増えるだろうとか書いたけど、

今朝同じように通勤中に数えたらマスクしてる人の数あんまり変わんね。

そして事務所周辺の店からは完全にマスク消滅です。

絶対数足りてないよな。


・・・なんか踊らされてる?


そして上司は平然と大阪事務所に出張していくのでありました。

新型!?   2009.05.18

ついにきましたね。まさか近畿圏からとは。

おそらくこっちに来るのも時間の問題でしょう。

神戸や大阪から広島なんて目と鼻の先。

事務所内でも本社からマスク着用や手洗い・うがい等の徹底のメールが来てました。(一人当たり10枚は用意しとけ!みたいな)

万が一感染者が出て営業停止になったりしたら本当に大変だからなぁ。



しかし、早くも店からはマスクが消えつつあります。

今朝、通勤中にマスクをしてる人を数えたら10人足らずしか見かけなかったが。

明日になったらマスク人口が増えるでしょうね。

しかし、なんか若い人ばかりがかかってるみたいで良く分からない。


とは言いつつも高熱にうなされるのは嫌なのでそろそろマスクつけてこうかと思います。


下田菊太郎   2009.05.16

最近事務所の上司に借りた本を読んでいる(途中)。

何でこの本かはよく分からないが。
小説仕立てになっており、単純に読んでておもしろいので良し。

文明開化の光と闇

「文明開化の光と闇」
建築家下田菊太郎

下田さんは帝冠様式を提案した建築家らしい。恥ずかしいことに、この人知らなかった。


まだ2章の途中だが、序章で建築界の大御所、辰野金吾が若干嫌いになった(最後まで読めば感想変わるかもしれないが)。

F.L.ライトとの確執も1章で早くも垣間見えている。

明治・大正という時代、下田さんのナショナリズム(パトリオティズムか?)が爆発してます。

流川。   2009.05.14

るかわ。

ではありません。事務所近くに「ながれかわ」という地区があります。

流川(ながれかわ)は、広島県広島市中区にある同市最大の歓楽街。
江戸時代、広島城の城下町であったこの地に広島藩主の別邸「縮景園」から小川が流れていたことから名付けられたが、1913年に埋め立てられて川自体は現存しない。なお住所表示は江戸時代から「流川町」となっている。
同じ歓楽街である大阪の梅田や難波、福岡の中洲と比べると人の多さや規模などで劣るが、中四国一の歓楽街として飲食店や遊興施設などが建ち並んでいる。(via wikipedia)

事務所近くといっても、うちはあまり飲みに行かないのであまり関係ないはずなんだけども、

少なくとも最近週3~4回は行ってる。


なぜなら、



駐輪場があるから。(当然有料)

自転車通勤を目論んでクロスバイクを買い、いざ通勤してみると、広島市は自転車に乗っていると意外と不便なことが多い。
某デパート前の交差点とか。

まず駐輪場が少ないんですよ。数少ないチェーンでとめるタイプの駐輪場は常にいっぱいでまともにとめられない。

仕方なく少し離れた駐輪場にとめに行くんだが、それが流川のど真ん中(市営)。
数々の飲み屋や風俗店の前をすり抜けて行かざるを得ない。

夜になってくると当然酔っ払いとかたくさんいます。



ただ、朝は力の抜けた妙な空気感を感じられるのです。

流川の朝


しかし、もちょっと駐輪場増えないもんかね。。。

でかい建築って   2009.05.12

当たり前のことなんだけども、規模の大きな建築物の設計の情報量にはすさまじいものがある。

今日、事務所で設計中の大学施設の積算関係の資料を作ってたんだけど、軽く800ページありました。(当然ですが僕自身が資料の基を作ったわけではないが)

わかってはいたけど、改めてこれだけの情報がないと実際の建築物は建ち上がらないのだと思い知った。
意匠設計者ってどれだけこの膨大な情報を把握してるんだろう。

限界があるのは間違いないだろうけど、どれだけ自分の手の内でつくれるんだろ。
個人的には自分の分からない部分があるのは気持ち悪いような気がしてます。

いずれにせよ、自分がつくっているんだという感覚は持ち続けたいもんです。


足の裏の・・・   2009.05.11

米粒とかいわれるものを。

とる第1(0?)段階に今日いって来ました。

といってもただの受験票ですが。

出しに行ったら係の人が、「ちょっと上と協議してくる」とかいって、なかなか帰ってこないから

なんか不備あったのかと心配してしまった。なんなんだよ。


なにかと提出・締め切りというと(無意味に)ぎりぎりになったりするけど、

今回は提出期間初日に出しましたよ。余裕って素晴らしい。


広島決起集会   2009.05.09

本日、広島決起集会が慎ましく執り行われました。

RIMG0002.jpg

D脇さんの就職が決まったとかで、めでたいなと。D脇さんおめでとう!!
研究室で悶々としていた君が嘘のようだ。
そして広島組初集合。
皆さん元気にやっているそうで。
それぞれの近況報告で盛り上がる。
われらがT・S研究室もますます賑やかになってるみたいですね。


RIMG0001.jpg

H研二人のツーショット。

皆新たな舞台で頑張ってます。
またそのうち集まって飲みたいですね。


4月には   2009.05.09

いまさらですがこんなことしてました。
時系列順に並べると

(1)谷尻さん設計の海沿いの住宅オープンハウス

RIMG0428.jpg



(2)Specialized Sirrus買った。

RIMG0479.jpg



(3)広島市環境局中工場

RIMG0441.jpg


暇があったらそのうち思い出しながら書くかもです。

家周辺   2009.05.09

RIMG0474.jpg
川沿いに住んでます。思えば今まで住んできたところ(といっても3~4箇所だけど)は大きめの川に近いところばかりだった気がする。

それはさておき、

RIMG0484.jpg

基町高層アパート。家の玄関ドア開けたらいつでも見れたりするんですが。


でかい。

大規模スラムクリアランスによって建設されたらしいです。


初めて間近に見たときはでかい!ださい!かっこいい!ださい!だったんだけど、なるほど大高正人設計。坂出人口土地も人工土地の造形とか上の住宅が結構おもしろいんだけど、これだけの規模のものができるパワーって本当にすごいと思う。
時代背景もあるかもしれないが。

大きな物語が終焉した現代社会においてはなおさらロマンみたいなものを感じてしまうなァ。


とか考えながら


RIMG0491.jpg



河川緑地をランニングしてます。

ブログはじめました   2009.05.08

なんか飲食店の季節メニューが始まったときみたいですが、これから日々の様々なことを綴っていきたいと思います。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。