プロフィール

bana

Author:bana
広島の建築設計事務所に勤務中。
日々の雑感。

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
count
検索フォーム
リンク
TOP > 2009年07月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば   2009.07.20

1週間前です。

なんかこう妙なプレッシャーが・・・

うん。勉強しよう。


受験する人、一緒にがんばりましょう。

それではまた。1週間後まで。

スポンサーサイト

6/27-2   2009.07.20

27日の続き。更新遅すぎて1ヶ月近く前のことになってる。。。

神保町あたりをうろついて南洋堂に行こうとしていたら。

神保町シアタービル1

唐突に出現。異物ともいえる、この物体。

初めて雑誌で見たときはその形態と、日建であることに驚き、天空率なるものの存在をはじめて知り、学生にはそうそうマネできない、
法規制のドライヴという方法に少し憧れた思い出がある。
その当時、ほんとに実現すんのかなとか思っていた。

神保町シアタービル3

しっかり建築として出来てますね。そして抜かりない。ファサードは随所に雨仕舞いの工夫が見られます。
ツヤ消しな三角形の素材感は個人的にはかなり好みですね。そして思ったよりかなり落ち着いて見える。
ちょっとアングラな感じが、神保町にしっくりきているように思います。この辺のトンがったものを実現して、かつなじませるというバランス感覚は素直にすごいと思う。


その後、南洋堂に行く。東京来てまで本屋に行って立ち読みという、学生時代からの行動パターン。
今考えると結構アホなことしてます。

立ち読み中に、今回は、意外と見てなかった建築を見ようというコンセプトにしようと思いつく。
そんなこと言い始めたら見てないものなんて山ほどあるんですが。


その後上野に向かう。

目当ては

法隆寺宝物館1

これです。

丸亀、坂出と続き自身3つめの谷口吉生建築であり、
なぜかまだ行ったことがなかったのであります。

法隆寺宝物館2

エントランスホールから前庭を見る。
谷口さんの建築はどれも外部との関係がすばらしい。

蒸し暑い中、ひたすら歩いたため、ホールの椅子に座ってぼーっとしていたが、
ふとエントランスのルーバー周りに興味を覚え、執拗に寸法測ったりしてたら、警備員の爺さんに注意されました。

「学生さん?」

はい。とは言えず。学生とあまり変わらないんですがね。。


とりあえず、不審な行動はここまでにして宝物の数々を拝んだ。一階の数十体の仏像の展示は圧巻でした。結構規模が小さいのですぐに見終わり、この建物を後にする。しかし、普通に設計すりゃ出てきそうなあれやこれやが全くなくきれいにおさまってました。相変わらず。名人芸。

時間帯も昼下がり。かなり歩き回って疲れてしまったので、次は駅から近いところに行こうと思いつく。

そして結局行ったのは

国際フォーラム

国際フォーラム。

学部生の時は幾何学的な構成を毛嫌いして食わず嫌いだったんですが、実際行ってみるとどうしてなかなか。
この外部空間は想像していたよりずっと良かった。
疲れていたせいもあり、意外と長居してしまい、微妙な時間になる。


今回は収穫もあったし。余裕持ってちょっと早めに品川に行っとくか。と品川まで行き、新幹線の改札をくぐってしまう。
ここで帰りの新幹線の時間を1時間近く間違えていることに気づいたが時既に遅し。
まあ。。。。いいか。もう若干脳の容量オーバーだよ。

蒸し暑いホームで試験勉強しながら寝たり起きたりしながら新幹線を待ち惚け。


そして約一時間後、名残惜しくも東京を離れました。

同じ本州なのに福岡から行くよりやはり遠い。。
次の出張はいつなのか、そして広島から出てくるような出張自体あるのだろうか。

以上でのろすぎるレポートは終了です。

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。