プロフィール

bana

Author:bana
広島の建築設計事務所に勤務中。
日々の雑感。

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
count
検索フォーム
リンク
TOP > スポンサー広告 > ROUNDABOUT JOURNAL vol.8TOP > レビュー > ROUNDABOUT JOURNAL vol.8

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROUNDABOUT JOURNAL vol.8   2009.05.30

福岡経由で送られてきたROUNDABOUT JOURNAL vol.8(いのくちに感謝)。

ROUNDABOUT JOURNAL vol.8


せっかくなのでレビューを。

気になった記事をピックアップして簡単にレビューしてます。
自分自身は組織設計の地方事務所にいる(一年目)ので、そこは前提として読んでやってください。

特集はマイ・アイデンティティ。広く捉えられるテーマで、それぞれの考え方が比較できて興味深い。

まず、冒頭の山本里美さんのインタビューでは、デザイナー、そして一人の人間としてのスタンスに
共感した。"クリエイションって、その人の生い立ちの全てだと思っています"という。
ファッションと建築という違いはあれど、素直に頷ける。

個人的なことで恐縮だが、"君の原風景はなんだ?"という問いかけを思い出した。
自分自身も設計者としてのスタンスをどう形成していくかについて、考えることがままあるのだが、
まだまだ勉強も足りないし、もっとがむしゃらにやっていきたいと思える熱いインタビューだ。

次に気になったのは五十嵐淳さん。
社会的な環境に働きかけるよりは「天国」のような完璧な空間を目指せばいいんじゃないかという。
確かに彼のある意味達観した考え方は合理的であるようにも思えるが、
僕自身は藤村さんの言っている設計の可能性を信じてみたいと思う。
建築が社会にかかわっているからこそできることがあるはず。

また、山梨知彦さんは、組織事務所ならではの可能性やオープン・プロセスについて語っていて、
僕自身が組織事務所にいることもあり、とても興味深い。
紹介されているプロジェクトもかなりすごいことをやっていると思う。
ただ、組織事務所でどこまでやれるかという可能性と限界について、当然僕自身はほとんど把握していないので、
山梨さんが考えるデータベース的建築家像については希望に近いものとして考えている。

続いて、"若手建築家のアジェンダ@広島"。
気になったのは広島のローカリティについてのこと。当然話題が出ると思って読み進めていると、
出るには出るが、やはりシンポに参加した建築家の中からはあまり出てこない。
組織事務所に所属して広島にいる以上、広島の建築家がどう考えているかは非常に気になっていたので残念ではある。
広島らしい建築というよりは、建築の方が新たな場所や意味を付加したり、つくりだしていくような建築のあり方の方が可能性を持っていそうだ。

最後に、"アーキテクチャとは何か!?"、"アーキテクチャを設計する方法"。
アーキテクチャはアフォーダンスにも通じそうな概念だが、ここで面白かったのは集合知のこと。
乾さんが発言したように苓北町民ホールのように集合知が「得体の知れないもの」として建築という形を成し、
できたものに対してある種の説得力をもたせる、というのは逆説的で興味深い。
社会との繋がり方との一つの形として、山梨さんのところで出てきたオープン・プロセスの話にも通じてくるように思う。
このアーキテクチャという概念は気になってきたので個人的に調べてみようか。

以上、かいつまんで簡単に見てきたが、それぞれの主張が浮かび上がっていると同時に、相対的に
浮かび上がってきた藤村さん自身のスタンスについても興味深いものがあったと思う。
自分のアイデンティティについて思考を続ける励みになりました。とても面白かったです。

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。