プロフィール

bana

Author:bana
広島の建築設計事務所に勤務中。
日々の雑感。

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
count
検索フォーム
リンク
TOP > スポンサー広告 > 木材会館TOP > 建築 > 木材会館

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木材会館   2009.10.21

ようやく。まともっぽいことが書けそうです。先週末は事務所の所長の代わりに東京に隈さんの講演を聴きに行きました。そのときに見てきた建築シリーズその1
気分で書いていくので。時系列はめちゃくちゃです。

まずは木材会館。新木場にあります。

館名木材

この写真で分かるかと思いますが、木材、しかも規格材をいかに使うかがテーマの一つと思われます。

駅から

新木場の駅前から見るとこんな感じです。上部分はホール。

正面

近づくと木のいい香りが。

ファサードはEVコアと屋外階段、テラス等が木によって構成され、オフィスビルのファサードとしてはかなり面白いものになっている。見慣れた鉄とガラスの線の細い表情とは一線を画した、骨太な印象。

テラス

先にも書いているように、これはファサードの木材が規格材で線の一つ一つが木材の量感を主張していることからくるんだろう。
よく見ると少し材の間を透かしてあり、腐れ対策?がしてある。

裏面

裏側はこんな感じです。墨色の塗装がしてある。

とまあ、外観のみ。当然中には入れませんでした。ホールが気になる。
最上階のホールは集成材を使わずに木材の大スパンを実現しているらしい。

外観だけだったけど、個性的なファサードと、何より木の香りがするオフィスというのがいいと思う。
ここでちょっと働いてみたいとか素直に思いますね。木に包まれた執務空間。
木といっても、ダイノックシートだらけのミッドタウンなんかとは全く違う。

この木材が経年変化でどんな表情になるかも見もの。

これを実現するのはかなり大変だったと思うんですが、オフィスというビルディングタイプに対して新しい価値感覚が生まれそうな、そんな建物だと感じた。

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。