プロフィール

bana

Author:bana
広島の建築設計事務所に勤務中。
日々の雑感。

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
count
検索フォーム
リンク
TOP > スポンサー広告 > 図書館やってます。その2TOP > 近況報告 > 図書館やってます。その2

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館やってます。その2   2010.09.05

前回に続き、視察に行った図書館を紹介。

赤磐市中央図書館

赤磐市中央図書館。設計は山陽設計。1階の閲覧コーナーに面して公園のような外構が設えてあります。

赤磐市中央図書館アプローチ

アプローチの屋根部分。

赤磐市中央図書館児童コーナー

児童コーナー。基本的に一般図書・児童図書・地域資料等の開架部分が1階にまとめて配置され、2階に閉架書庫等があります。

赤磐市中央図書館内観

この図書館は書架の間隔がかなり広く、通常ならば1800~2000mm程度なんですが、ここでは2500mmあり、かなりゆったりしてました。
独自の閲覧コーナーが幾つか設えられており、利用者もかなり多かったです。6人がけの机などよりは自分のお気に入りの場所が見つけられそうでよかったと思います。天井は間延びしてますが。


次は赤穂市図書館。設計は佐藤総合計画。

赤穂市図書館

2階はダブルスキン?

赤穂市図書館内観

ここは一部2階にも開架があり、天井がかなり高い。2階にももっと閲覧席が欲しいところ。
天井が高いために書架に照明がついてます。書架がスチールで黒く塗装されているのとモノトーンな落ち着いた色調でまとめられてます。シャープですが、ちょっと暗い印象。

図書館は図書館サービス及び管理の性質上、開架部分をワンフロアにまとめ、出来るだけ広い面積を確保するのが定石なんですが、そうすると自然採光等が難しくなっていきます。
天井も高いので居住域空調がメインになりつつあるようです。ここでも書架間の床面に空調吹き出し口がありました。
快適な図書館環境をつくるのは結構大変ですねー。
ちなみにこの2館は設計中のものと規模的に近いのと距離的に近いという理由から視察に行きましたが、いろいろと勉強になります。
スポンサーサイト

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.06.05 | | # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。