プロフィール

bana

Author:bana
広島の建築設計事務所に勤務中。
日々の雑感。

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
count
検索フォーム
リンク

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防署   2010.01.15

今週はじめに、某市消防署に打ち合わせに行ってきました。

打ち合わせ前に岡山西消防を見学。

郊外型の店舗の隣にぽつんと建っています。

正面

結構な大きさでなかなか立派ですが、消防署と防災センターが入っていて、消防本部は入っていません。
さて、消防署の中をまともに見学するのは子どものとき以来。

消防車って子どものとき結構好きだった記憶があるんですが。男なら分かると思う。働く乗り物=カッコイイという。
いわゆるアニメの勇者シリーズなんてすごいですよね。よく考えたら。
憧れの乗り物がロボットに変形して悪と戦うという構成。子どもが嫌いなわけがない。
実際に見ると今でもカッコイイと思ってしまったり。

車庫

どこの消防署行ってもそうですが、消防車はほんとにピカピカに磨かれててきれいなのです。

消防署には仮眠室や食堂があるんですが、この建物の場合、左側の縦ルーバーがそういった生活部分(隊員は24時間勤務)
右側が事務室や会議室といった昼間の執務空間になってます。

この時に案内してくれた副署長がやたら親切で出動準備室やら、仮眠室やら、屋上まで案内してくれました。

防火服置き場

屋上

訓練塔

やはり実際に見るとテンションが上がって設計へのやる気が沸いてきます。

しかし、昼の休憩時にアポなしで行ってここまで見せてくれるとは。感謝。

その後、某市での打ち合わせでも、そこの消防本部の方々はとても誠実でした。消防署関連の人はいい人ばかりである、という仮説が出来るほどに。
そうでないと市民の安全を守る仕事なんて勤まらないのかもしれないですが。

とにかく、期待にこたえられるようにがんばらなければ。

あけましておめでとうございます。   2010.01.05

2010

今日から仕事始めでしたが、新年1日目は何か身が引き締まる思いでした。
今年は自分の目指す建築とか未来がもっと見えてくるように精進していきます。
このブログも更新頻度上げられればなどと思い、
twitter表示もしてみました。

本年もよろしくお願いいたします。

ご報告   2009.12.19

今週は嬉しいことが2つありましたので。

一つめは、10日ほど東京出張でやっていたプロポーザルに合格したこと。消防署です。年度末までに基本設計。
今設計中の市庁舎がずれ込みそうなので、来年3月末は死にそうになってるかもしれないですが。
消防署は通常の庁舎に比べて特殊な機能が多い(車庫、訓練塔、仮眠室、指令室などなど)のでとてもやりがいがありそうで楽しみです。敷地は未定(!)ですが、田んぼの中なのは間違いなさそう。

二つめは、一級建築士試験に合格しました。製図試験自体は思いがけない所で自分の迂闊さを反省することになり、自己採点時に一発アウトかどうかということで不安でしたが、結局運よく合格することが出来ました。これで心置きなく仕事ができるというもんです。

これで何か出来るようになったとか、全然ないですが。心につっかえてた物がとれたようで本当にホッとしてます。
既にたくさんの方からお祝いの言葉を頂きました。応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

ただいま。   2009.12.03

気づいたら12月になってました。

ちょいとサボるといけないですね。。
少々近況報告。

20日にADS(天空率とかのソフト)の講習会後、福岡の某宴に。走り続けている人はやっぱり違う。
研究室の面々に会って、懐かしいというほど離れてたわけでもないが、楽しかった。卒論、修論執筆がんばってください。
21日は朝イチで東京へ。東京事務所で広島事務所の案件をやってるからってことで、最も暇と思われる自分が9泊10日の出張でプロポーザルチームに加わることに。この間の3連休は見事に返上されました。
ここで作業してたときにAutoCAD ARCHITECTURE2010とか使ってうちの事務所のCAD環境の貧弱さを実感しつつ、
組織事務所でも仕事の仕方は、やはり人によってかなり違うなあとか考える。当たり前ではありますが。
では、自分ならどうするか、考えなければ。

幸いにも金曜には作業を一旦抜けられたので、同窓会に行くことが出来た。
まさか1週間スパンで先生方に会うことになるとは思っても見なかったけど。
ここでFUSSA Kのプレゼンを聞いてて、自分が関わった建築を自分で語ることが出来るって素晴らしいなと思った。
自分はまだそういった設計ができる段階(というか、経験?)には至ってないし、機会も無いけど。

結局日曜のオープンハウスは無理でした。残念。。東京に10日もいたのに全く何も見れなかった。

ただ、事務所内では同期をはじめ、色んな人と話す時間があったのはとても良かった。
初ボーナスで42型のテレビを買った奴とか(彼は金欠で最近夕食で乾燥ワカメ食ってるそうですが)。そういえばボーナス何かに使ったか?覚えてねえ。額すら確認してないな。
そんな感じのほとんど他愛のない話題ばかりだったけど、広島に同期いないので単純にそういうのに飢えてるんですよね。。

日曜夜中の3時くらいに出来上がった提案書を持って岡山に向かい、営業の方のやく○さん関連の戦慄を覚える話を聞きながら車に乗って提出先に向かい、無事提出。
帰りに見た山陽新聞本社。日建。でかい。

山陽新聞本社1
山陽新聞本社2


あー疲れた。ただ月曜に戻ったから当然勤務継続中。休みなしで3週間目に突入しております。
うん。ちょっとね、やっぱ眠いね。

根津美術館   2009.11.01

最後に、根津美術館。時間かけてまともに見ることができたのはこの建物だけなので写真多め。

みゆき通から

表参道駅からFROM1stビルのある通りをまっすぐ行くと見えてきます。

妻面

妻面はこんなです。家型の表れない、切妻屋根の重ねあわせ。瓦屋根がのっていますが、重い印象はあまりない。

アプローチ

アプローチ。
ここから、某誌の表紙にも使われている、竹のアプローチが。みゆき通りから90度折れて、空間を転換してます。

アプローチ2

実際に生えている竹と、ルーバー状にされた竹に挟まれた細長い空間は場面の転換には効果的かと。

鉄垂木

鉄の垂木は薄くてトンガってます。

エントランス

長いアプローチを通って気分を変えてから、エントランス。(この写真はちょっと引いたところから撮ってます。)

内部1
内部2

内部は結構すっきりです。竹の練りつけによる天井が印象的です。

サイン

スイマセン。ぶれてるのしかなかった。サイン。

内部3

ここは中2階的な場所で、天井をかなり間近に見れます。ガラス面から見える景色は、館の雰囲気を
大事にする方は見ないほうがいいと思います。(エントランスのガラス面の部分を見ると分かります)

展示物は仏教彫刻、茶器、青銅器等。中でも青銅器は饕餮(トウテツ)をモチーフとした青銅器が多く展示されていて、一見の価値あり。

庭園から
庭園から2

この根津美術館には広大な日本庭園があります。庭園側から。

庇

庇周辺。深くてシャープですが、かなりの工夫があるようです。普通の瓦屋根にある棟の上にのっている、あの冠瓦(ちょんまげみたいな、アレ)がないこと。あと、瓦の軒端もすっきりおさめられていている。これらが重くなりがちな瓦屋根の印象を軽くしている。ただ、金属部分に雨だれの跡が出ていて、薄いのはいいんだけど、若干のぺらぺら感が。。

庭園
庭園2

日本庭園の散策も出来ます。このときはまだまだでしたが、もう紅葉はしてるかな?表参道近くにあるとは思えない庭園。お茶会もあるらしい。
また、感心したのが、

案内板

車椅子でも庭園が1週出来るようになっていたこと。(わかりにくいけど、赤のライン)
館内にも車椅子が用意されていました。

車椅子


決して大きな美術館ではないですが、日本庭園含め、総じて良かったと思います。
なにより、屋根の扱い方に関して個人的に参考になった。
ひとつ、心残りなのはカフェに行き損ねたこと。庭園から美術館に戻って来るころにはすっかり忘れているという間抜けさ。

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。